さばかんブログ Written by さばかん

NFTは危ない?【初心者向け】NFTのopensea(オープンシー)での買い方と合わせて解説します!

NFT

こんにちはさばかんです。

うわさのNFTって誰でも変えるの?
あぶないんじゃない?

芸能人や有名人も参戦してきているので、NFTの認知度は上がってきていますが
どうやって購入するかよくわからないですよね💦

今回はこの辺りを解説していきます🙋

その前にこちらの記事にあるリンクは、アフィリエイトのリンクになります。
この記事のリンク経由で登録などをされた場合は、少しですが収益が発生します🙇
もちろん読者の皆様にはご負担はございません🙇
収益はこのブログ運営のためや新しい記事を書くための調査などに使わせて頂きます。

NFTって何?あぶない?

順番に解説しますね😊

NFTとはなんですか?

ここではNFTとは何か?というのは簡単に説明していきます🙋

詳しく説明すると、1日で読みきれない量になりますし、何より書いている僕の手が腱鞘炎になってしまいます💦

そもそもNFTとはNon Fungible Tokenの略で、非代替性トークンと呼ばれています。
簡単に言えば、「替えがきかない」という事ですね。

イーサリアムというブロックチェーン上に売買履歴、作成日、作者、購入者などの情報が記録されて、これらの情報は改ざんができません😊

ですので例えばPCでコピーしたとしても、偽物だとすぐに判明するし、本物の証明も簡単にできます🙋

モナリザの贋作ってすぐには分かりませんよね?💦

いわゆるNFTアートに限らず、公的書類など改ざんされてはマズイものへの実用化も期待されています👍

NFTはあぶない??

NFTはなぜ危ないといわれるのか?

NFTに限らずですが、仮想通貨も含め「ウォレット」と呼ばれる財布で管理します。

その財布がハッキングされたりして保有している仮想通貨などを盗まれるということがあります💦

もちろん安全に運用すればそんなことにはなりません😊

ちなみによく使われる「ウォレット」はメタマスクというものになります。
インスタに繋げてNFTを投稿することも可能です🙋

メタマスクの設定の方法は以下の記事を参考にしてください👇

インスタにNFTを投稿する方法は以下を参考にしてください👇

NFTをopensea(オープンシー)で買う方法

ここからはNFTの買い方を解説していきます🙋

その前にNFTを購入するにはイーサリアムが必要です。
コインチェックなどでイーサリウムを購入しておきましょう
コインチェック無料口座開設

NFTをopensea(オープンシー)で買う3ステップ

  • ①メタマスクにイーサリアムを送金
  • ②メタマスクとopensea(オープンシー)をつなぐ
  • ③お好きなNFTを買う

①メタマスクにイーサリアムを送金<

まずはメタマスクにイーサリアムを送金していきます😊

イーサリアム以外でも購入はできるのですが、作品数や希少性の高いもの、流動性などを考えるとイーサリアムで問題なし👍

メタマスクへの送金のやり方は以下の記事を参考にしてください♪

②メタマスクとopensea(オープンシー)をつなぐ

メタマスクにイーサリアムを送金したら、opensea(オープンシー)とメタマスクを繋いでいきます😊

Opensea(オープンシー)というのはNFTのマーケットプレイスになります🙋

Opensea(オープンシー)のほかにもあるのですが、世界一のマーケットプレイスなのでopensea(オープンシー)一択で大丈夫です。

こちらからopensea(オープンシー)にアクセスしいていきます🙋
https://opensea.io/ja

必ずブックマークをして以後はそちらからのアクセスをお勧めします。
👆詐欺サイトもあるため🙇

まずはTOP画面の右上からウォレット(メタマスク)をつなぎます。

メタマスクとopenseaを接続する
ウォレットでメタマスクを選択

メタマスクが開くので「接続」していきます。

メタマスクを接続

この時にメタマスクのネットワークをイーサリアムメインネットにしておいてください😊

メタマスクのネットワーク
メタマスクのネットワーク2

これでopensea(オープンシー)とメタマスクをつなげました😊

③お好きなNFTを買う

ウォレットとの連携が完了したら、後は好きなNFTを買っていくだけです🙋

ためしに検索窓でCNPと検索すると以下の画面のようにいくつか出てきます。
CNPはインフルエンサーのイケハヤさんがマーケティングする有名なNFTになります。
openseaのCNP


関口メンディーーさんのアイコンもCNPシリーズですね😊

関口メンディーーのtwitter

そして、NFTで一番有名&高額だと言っても間違いないのが、「crypto punks」ですね♪
あのマナブさんも所有しているNFTになります。

openseaのcryptopunks
openseaのcryptopunks2

しかし、、、高い💦
100ETH(2500万円前後)😱

僕には無理です😭

というわけで今回は安いものを買っていきます😊

「Explore」からAll NFTs を開いていきます。
左にあるメニューの「Currency」からETHにチェックして、イーサリアムで販売されているものを探していきます。

openseaのALLNFTで検索
openseaの通貨を選択

先ほども言いましたが流動性や作品数などでイーサリアムを使っているNFTの方が良いです😊

今回は買い方を解説していくので価格も安いものを探していきます🙇
「Price」から値段を設定していきます。maxを20$にしていきます。

openseaのpriceで設定

適当に好みのものを探します。
これなんかどうでしょう?👇

voodoosCLUB-opensea

作品をクリックすると購入ページが開きます👍
「Buy Now」から購入していきます。

opensea-voodoosCLUBを購入

確認をするとメタマスクが開いて、承認します。

openseaの購入画面
openseaの購入画面メタマスクの承認

これで無事に購入できました😊
プロフィールにもしっかり反映されています。

opensea購入後のウォレット

ちなみに画面の子猫ちゃんは以前僕が作成して出品したNFTです💦

openseaのNFT出品したもの

出品の仕方を知りたくて試してみたのですが、全く売れませんでした😊
その時の流れを以下の記事で説明しています。
出品の仕方を知りたい方は参考にしてください👇

色の違うETHは何?

画面をみて気づいた方もいらっしゃると思いますが、ETHって黒色が普通です🙋
でも下の画像👇色違いのイーサリアムですね💦

openseaのETHとWETH
  • 黒ETH👉イーサリアム上のETH
  • 紫ETH👉ポリゴン上のETH

ポリゴンネットワークというブロックチェーン上にあるETHのことで、大きな特徴は手数料が安いんです❗️

じゃ、そっちで買った方が良いの??

何度か言ってますが、イーサリアム上のNFTの方が流動性も優れていますし、有名なNFTはほぼほぼイーサリアムで取引されるので
黒ETHで問題ないです😭

ここでは詳しい説明はしませんが、紫ETHで購入するのは先にWETH(紫ETH)を用意する必要があります🙋

以上がNFTをopensea(オープンシー)で買う方法でした🙋

是非、少額からNFTの購入を試してみてください。

イーサリアムを直接購入してメタマスクに送りたい人は、bitFlyerのほうが安く購入できます👇
bitflyer