さばかんブログ Written by さばかん

【Defi講座】Biswapでファーミングとステーキングのやり方

crypto

こんにちはさばかんです。

今回はDeFiのステーキングとファーミングのやり方について解説していきます。

こんな悩みありませんか?

そもそもDeFiってなに?
最近聞くBiswapをはじめたい
ぶっちゃけ儲かるの?
ファーミング??ステーキング??

この辺りに答えていきます💪

実際にぼくが運用している「Biswap」を参考に説明していきます。
※2022年3月21日についに、Biswapのトークン「BSW」が大手取引所バイナンスの上場しました。

ではいきましょう?

Defi・Biswapでファーミングとステーキングのやり方

Biswapのやり方を解説するのですが、そもそもBiswapはDefiの1種です。

Defiって❓❓❓❓❓
という方のために👇👇

そもそもDeFi(ディファイ)とは?

余計な説明はいらない❗️やり方おしえてって人はスキップ

DeFi=Decentralized Financeの略です。

❓❓❓❓❓❓ですよね笑
日本語に直すと「分散型金融」です。

😢😢😢😢😢ですね。

金融が分散している状態。簡単に言うと「銀行」が分散している状態です。
もっと簡単に言うと、個人が銀行になれると言う事です。

ちょっとブッ飛んだ発想ですが、少しはイメージできますかね?

もちろん日本銀行みたいな建物を所有して、銀行業務をはじめることではなく、DeFiというシステム上でそれが可能になると言う事です。
しかもインターネットに繋がる状態であれば、世界中の誰でもそうなれます😱

そして、その銀行業務を行う場所をDEX(分散型取引所)と言います。
しかも分散型というわけですから、非中央集権です。かんたんに言えば管理者がいないと言う事ですね。
DEXとDeFiを分けてかんがえると混乱しちゃいますから、ここではDeFiに統一して説明していきます🙋‍♂️

ちなみに僕が仮想通貨の情報を仕入れる上で参考にさせていただいているお二人です。超有名なインフルエンサーなのでご存知の方も多いと思いますが、フォロー推奨です😊
まなぶさん@manabubannai
イケハヤさん@Ihayato

プラス仮想通貨関連のニュースサイトです。
コインテレグラフ
コインポスト

こちらマナブさんの動画です。非常に分かりやすいのでオススメです。

【Defi】Biswapのファーミングとは?

余計な説明はいらない❗️やり方おしえてって人はスキップ

ファーミングとは簡単に言えば、通貨の流動性を提供してくれたユーザーに対して報酬を渡すという仕組みのことです😳
ファーミングはAMM(自動マーケットメイカー)という仕組みで動いています。

例えば、500ドルと5万円で取引所を開いたとします。(実際にはありえませんが分かりやすく説明するためドル/円にしています)
そこにお客様がきて、「20万円をドルにしたい」と言ったとします。でもそもそも20万円の流動性がないので、両替できません。
とたんに成り立たなくなります😭

そうならないために

個人ユーザーに流動性(ドル/円)を預けてもらう「プール」を用意して、お客様がきたらそのプールから両替しよう🙋‍♂️

そして預けてくれたユーザーには手数料の一部を還元しよう。プラス独自発行のガバナンストークン(BSW)もあげよう😊

開発者がお金を持っている必要はないのです。
個人が銀行になる、というのはこの辺りから来ています😊

これがAMMを使ったファーミングの仕組み、つまりDeFiの仕組みです。
※かなり簡単に説明していますので、気になる方はご自身でしらべてくださいね。
※BSWはこれから説明するBiswapというガバナンストークンになります。

【Defi】Biswapのステーキングとは?

ステーキングとは、取引所が指定するコインを一定期間保有して利益をもらうことです。

なぜ、利益が発生するのかと言えば、一定期間預け入れることで、ブロックチェーンの生成に貢献して、、、と色々あるのですが、ここではやり方について説明しますので、気になる方はご自身でお調べください🙇‍♂️

Defiのリスク

先にリスクを言っておきます

投資は自己責任

当たり前ですが、失っても泣かない程度のお金で始めてください。

詐欺師が寄ってきます。

SNSなどでDeFiはじめたよ!なんて言いふらすと、国籍問わず怪しい人が絡んでくる可能性があります。お気をつけください。

ハッキングのおそれ

こちらは色々とニュースになったりもしているので分かる方もいると思いますが、運が悪ければそうなる恐れもあります。

コインが暴落

これも当たり前ですが、預けた通貨が値下がりする可能性もあります。

特に最近はDefiのハッキング被害が増えています😢

ウォレットの管理など気をつけましょう❗️

DeFiのメリット

続いてDeFiのメリットです。

  • ネット環境さえあれば誰でもできる
  • 年率が高い(高いものだと500%以上!)
  • 売買せず預け入れるだけで利益が出る

実際にDeFiで稼いでいる人は、先ほど説明したファーミングで流動性を提供し、それで得た報酬(ガバナンストークン)をステーキングでさらに増やす、というような立ち回りをしています。

DeFi自体の取引量が上がり、ガバナンストークン自体が爆上がりして儲かったというのが、これまでのいわゆる成功話です🙋‍♂️
とは言えそんなに上手く行くものでもありません。でも、年率500%まではいかなくても、30%とかでも十分おいしいと思います。

参戦するかはあくまで個人でご判断ください😊

さてここからは実際にぼくが運用しているBiswapを見ながら、やり方を説明していきます。

Defi・Biswapをやってみよう

今回はBSC(バイナンススマートチェーン)のBiswapというDeFiです。
ほかのイーサリアムチェーンのDeFiなど色々あるのですが、BSCは手数料も安いし初めてやるにはオススメです🙋‍♂️

その中でも、なるだけ取引量の多いところでやりましょう。
有名なところで言えば、pancakeswap(パンケーキスワップ)ですね。
パンケーキスワップの始め方はこちら
BSC(バイナンススマートチェーン)のDefiの取引量ランクを見るにはこちらか

取引量が多いと安心しますよね😊

Defi・Biswapをはじめる準備

  • コインチェックで口座開設
  • バイナンスでBNBを用意する
  • BNBをメタマスクに送金する

上記が必要です。
国内取引所は、とりあえずコインチェック一択かと🙋‍♂️
用途に合わせて使い分けた方が良いですが、ひとまず使いやすさからコインチェックで問題なしです😊

今すぐ無料口座開設
今だけ1,500円分のBTCもらえます💨

コインチェックの登録にはこちらの記事を参考にどうぞ

ここでは僕が実際に運用しているbiswapを参考にしながら、DeFiのやり方を解説していきます。
ちなみにどのDeFiもやり方は大体同じなので、1回やれば他のDeFiでも簡単にやれると思います😊

DeFiにはいわゆる会員登録はありません。
自分のウォレットと接続するだけです。

まずはBiswapにアクセスします。

Defi・Biswapにメタマスクを接続

右上のConnect walletから、メタマスクを接続していきます。

Defi・Biswapのトップ画像
Defi・Biswapのメタマスクを選択する画像

メタマスクで接続を承認していきます。

Defi・Biswapとメタマスクで接続を承認
Defi・Biswapとメタマスクで接続を承認する

右上にアドレスが表示されていれば、接軸されています

biswapのトップページにアドレスが表示

Defi・Biswapに流動性を供給してLPトークンを獲得する。ファーミングのやり方

今回はBNB/BSWの流動性を供給していきます。

年率172%ですね笑
2022年3月31日現在で134%です
この年率は数分数秒で変化していきますので、注意が必要です。

※BSWというトークンがbiswapのガバナンストークンになります。

※画像をクリックすると大きくなります。

farmsのBNB/BSW


メニューから「Exchange」を選択していきます。

メタマスク内にあるBNBを半分だけBSWにスワップ(両替)していきます。
流動性を供給するには二つの通貨を均等に用意する必要があります。

※画像をクリックすると大きくなります。

biswapのExchange

swapの通貨を選択する

BSWを選択していきます🙋‍♂️

BSWを選択

2通貨を均等にする必要があるので、BNBの半分をBSWにスワップしていきます。

BNBとBSWのスワップ

メタマスクでガス代を承認して「確認」をクリックしていきます。

メタマスクの承認
メタマスクで確認

これでBNBとBSWが均等に用意できたので、つぎは流動性を供給していきます🙋‍♂️
「Liquidity」になっていることを確認して、先ほど用意したBNBとBSWを選択していきます。

liquidityの追加
通貨を選択

BNBとBSWのペアを表示できたら、BSWの方をMAXで供給します。

これには理由があるのですが、ガス代として使われるのがBNBですのでBNBを少しでも残しておくためにBSWの方をMAXで供給します。

BNBとBSWの流動性を追加
流動性の追加を確認

もう一度確認します。

供給の確認

最後にメタマスクでガス代の確認をします。
ちょっと確認作業が多いですが、がんばりましょう💦

メタマスクでガス代の確認

これでBNBとBSWの流動性を供給できました。
この段階でBNBとBSWを預けたことによるLPトークンを手に入れました😊

つぎはLPトークンをファームに預けて、ガバナンストークンがもらえるようにします。

Defi・BiswapのLPトークンをファームに預けよう

メニューから「Farms」を選択していきます。
※画像をクリックすると大きくなります。

Farmsを選択


下の画像の赤丸が先ほど流動性を供給して得たLPトークンです。
このLPトークンを真ん中の「Enable Farm」から預けていきます👍

「Enable Farm」をクリックしていきましょう。
※画像をクリックすると大きくなります。

LPトークンをステーキングする


どれくらい預けるか?という画面が出てくるので、MAXで問題なしです👌

ステーキング量

メタマスクで確認していきます。

メタマスクの確認画面

すると先ほど一番左にあったLPが真ん中に移動しています。解除するときは「Unstake」から解除できます。

時間が経つとガバナンストークン(ここではBSW)が一番右に溜まっていきます。
「Harvest」から収穫していくという流れです。

ここまでがファーミングのやり方になります😊😊

次はこの収穫したBSWをステーキングしでさらに増やしていきましょう。
※画像をクリックすると大きくなります。

ステーキング完了

Defi・Biswapのガバナンストークン(BSW)をプールに預けよう。ステーキング

メニューの「Launchpools」を選択していきます。
※画像をクリックすると大きくなります。

ランチプール


すると下の画像のようなページになります。
赤枠の中が預け入れたBSWを自動複利してくれるプールです。

収穫したBSWを+マークから追加してさらに増やしていくというシステムです
こちらは預け入れて一定期間(数日)は引き出すのに別途手数料が発生するので、ご注意を。

※画像をクリックすると大きくなります。

BSWステーキング

これはいわゆる複利と呼ばれるもので、資金があればあるほど雪だるま式に増えていきます😱😱

以上がDefi(Biswap)でのファーミングとステーキングのやり方でした🙇‍♂️

最初なれるまでは、少額での取引をお勧めします