さばかんブログ Written by さばかん

仮想通貨の詐欺にあったお話し。危険な仮想通貨の世界。

crypto

こんにちはさばかんです。
今回は趣向をかえて、仮想通貨のネガティブな話を書いてみます。
この詐欺でおよそ2,500ドル(当時25万円前後)が消えました。泣
ちっぽけな額かもしれませんが、当時の僕はまだweb制作も始めていないただのフリーターでしたから、かなりの痛手でした。
webエンジニアになった話はこちら
もう思い出したくもない恥ずかしい話ですが、仮想通貨がさらに注目されていますので、こういう事もあるんだよと、自戒も込めて書きます。
まぁ、僕がバカだったという話ですが笑

仮想通貨詐欺にあった話

ご存知の方も多いと思いますが、アービートラージという取引所間の一時的な価格のズレを利用した売買方法(裁定取引)がありますが、仮想通貨のアービートラージが2020年に流行った時期があります。
ほとんど詐欺です笑。

アービートラージという手法が詐欺ではなく、その手法をAIを使って、利益の出やすい通貨ペアだけで取引をするというシステムを作り上げて、月利平均15~21%と謳っていたのが、「プランスゴールドアービートラージ」略してPGAです。
僕が騙されたのはこのPGAです。
PGAサイト
サイトも結構しっかりしていました。
Webサイト制作者の僕が言うから間違いない!
このプランスゴールドの特徴は利用者から預かった資金を自動で三角アービトラージという独自の投資手法で運用していきます。 同じ取引所の中で別の通貨に交換し続けるという手法です。
三角アービトラージ

やり方は簡単で、アカウントを作って入金してスタート。以上です。
正確にはちょこちょこした作業があるのですが、特別な事は何もないです。
あとは1日3回配当金が発生するのですが、
入金額によって配当金が変わります。
だいたい10 万円入れて、1日6ドルくらいでしょうか。
ということは、100万入れると1日60ドル(6千円前後)
さらにこの利益を複利に回せますので、金額が多ければ多いほど雪だるま式に増えていきます。
実際の公式サイトに掲載されていた説明がこちら。
複利運用の説明1
複利運用の説明2
さらに人を紹介していくと配当金とは別に特典報酬ももらえました。

お金が増えていく??のか??

ほったらかしてもお金が増えていくのを見るのは、楽しいなーなんて思っていると、2ヶ月ほどした8月くらいでしょうか?
セキュアモードといって資金を半年間ロックしたら、さらに利益率が上がるというキャンペーンをやり始めていたのです。
実際この時点では、普通に出金できていました。
出勤申請した画面がこちら。
出金申請
ロックされるのは嫌なので、僕はしませんでしたが、みんなこぞってやっていました。
今思えば、ここが引き際でしたね。
この頃になると参加者も増え、PGAはより勢いを増します。
センチュリオンクラブという5000万円以上の資産を持っている方だけが入れるVIPサービスやらが始まります。
センチュリオンクラブ
他にも色々サービスがあって興奮していたのを思い出します。
もうイケイケなリーダー達は紹介もたくさん出しているので、こんな写真を撮っている人たちも。
こんなの見たらより一層ハマっていきます。・・・えっ?ハマらない?笑
リーダー写真
報酬はその後も着実に増えていきます。
実際にこんな感じで増えていきました。
最初は1000ドルちょっとで始めたのですが、紹介ボーナスもあるということで、「君の下に紹介をつけるから、僕の傘下に来なよ」とかゆう勧誘が多いんです。
はい。迷わずいきました笑
それで増額してこんな感じ。
8月11日時点で$2,571。じつはここらあたりから
8月11日
下についたメンバーはもんな感じで表示されました。
メンバー階層
これが8月16日、$2631。
8月16日

9月4日、$2881。順調に増えています。
9月4日

9月7日、$2969。
9月7日

9月10日、$3009。
9月10日

$3000になったのは嬉しかったですね〜

いきなりの出金停止!!

$3000も達成したし(実際の利益は$500ほどですが笑)これから増額してもっといくぞー!と思っていた矢先、急に出金できなくなったのです。
オフィスが中国にあったのですが、中国でのイベントの関係で10月15日には出金再開ができると、サイト上で説明がされました。
多少ザワザワしましたが、盛り上がりは変わらず、みなさん特に疑うわけでもなく、勧誘活動に精を出していました。
しかし10月15日になっても出金が再開されることはなく。。。
出金停止の説明

日本語訳
米国司法長官バーは、2020年10月8日に抜本的な暗号通貨執行フレームワークを発表し、先週、米国のサーバーを通過したブロックチェーントランザクションでの抜本的な金融取引の規制を開始しました。 「ポンプアンドダンプ」暗号通貨スキームと脱税の疑いがある億万長者ジョン・マカフィーを含む注目を集める逮捕が行われました。
この包括的なフレームワークの下で、Prance Goldの大量の裁定取引アカウントは、当局による監査が行われるまで、Binance、Huobi、およびBittrex全体で停止されています。私たちは当局に対して全面的な協力を提供し、できるだけ早く問題を解決するよう努めています。私たちの大規模な顧客ベースと、各クライアントのブロックチェーン内のすべてのマネートレイルを追跡することの複雑さのために、2021年初頭までにすべてを解決できると楽観視しています。
ご不便をおかけして申し訳ございませんが、これまでで最大の課題に直面しておりますので、何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。可能な限り早期に通常の運用を再開するよう努める一方で、この問題について定期的に更新を提供します。
通知に関するご質問がございましたら、お気軽に当社の市場担当者にお問い合わせください。ありがとうございました!
よろしくお願いいたします。
ジェイコブ・コールセン
Prance GoldHoldingsのCOO

ログインできなくなる

そして、しばらくするとサイトにログインができなくなりました。
ここでようやく目を覚ましましたが、もうなにもやれることがなく、怒り狂った人たちが犯人探しをはじめ、サイトなどに記載されていた、中国の住所にあるとされるオフィスに行った人が居たりして、また違う盛り上がりを方をしていましたね。
オフィスは。。。もぬけの殻でした。
そして、PGAの幹部だと紹介されていたこちらの外国籍の方が、実は俳優だったと、後日、中国の関係者が白状したみたいです。
なかなか笑えますよね。
幹部写真
そのうちyahooニュースにも掲載され、違う意味で有名になってしまった、PGA。
yahooニュース記事

新しいテクノロジーや文化には詐欺がつきもの

仮想通貨に限らず、NFTやDefiや、メタバースや今や世界は目まぐるしく発展と進歩を繰り返していますが、必ず悪知恵が働く人たちがいるものです。
ある意味それは才能ですよね。ダメだけど。

うまい話には裏があるなんて言い方したら、おじいちゃんみたいですけど、本当にそうだなぁと自分が騙されて思えます。
しかし、胡散臭いんですよね、新しいものって。
そして、そこにはチャンスも同じだけ存在していると思っています。
やらぬ後悔より、やって後悔するタイプなんです、僕は笑
というわけで今は静かに,BSCのDefiで100万円ほど運用しています。
興味ある方、胡散臭いもの好きな方は以下の記事をどうぞ。
当たり前ですが、読むだけなんで、お金はかかりません笑
ご安心ください。